当院は保険治療主体の歯科医院です。

ノブデンタルオフィス TOP > 矯正歯科&インプラント

矯正歯科&インプラント

患者様が来院されたときの状態

こちらの患者様は反対咬合を治して綺麗になりたいという希望で来院されました。現状では明らかに上下の噛み合せが逆転しており審美的とは言えません。 精査していきますと上の側切歯(真ん中から2番目の歯)がもともと生えてなくて左 右1本づつ足りない状態でした。 そこで元の歯の本数に戻し、噛み合せを正常にする計画のもと治療が開始されました。

※反対咬合:上下が逆転してしまった歯並びは遺伝的要素が強く、歯並びだけで なく骨成長のコントロールが必要な場合がありますので、早めに専門医に相談下さ い。昨今は子供時代ではなく、ある程度成長が進んだところで矯正を開始する場合 が多く、矯正の開始時期も含めて治療計画をご提案させていただきます。

ノブデンタルオフィスの対応

矯正治療を開始、予定に従い欠損であった左右側切歯の空隙を作っていきます。同 時に上下の歯を逆転させます。 矯正治療が終了し、インプラントに必要な隙間が出来ていることを確認します。

そしてその隙間にサイズのあったインプラントを埋入します。

計画通りにインプラント治療も終了して、機能的かつ審美的な歯を確立することができました。